ツルカノコソウ (蔓鹿の子草)         
          
オミナエシ科 カノコソウ属

  
 
山地から深山にかけての湿った日陰に生える多年草で草丈は20〜40センチになる。

茎頂に散房状につき直径3ミリ弱の花を多数つける。

葉は対生し羽状に全裂する。
花が終わりごろからランナーを出して新芽をつけることからこの名が付いたようである。
撮影 2017年05月03日 福井県今庄 
 
 
 稀に僅かに赤みを帯びることもある。
撮影 2007年05月19日 山県市美山町 
撮影 2016年04月09日 豊田市稲武 
 
白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る