トキワイカリソウ  (常盤碇草)       
          
メギ科 イカリソウ属      

  
 
別名 :をオオイカリソウ

日本海側の多雪地帯の山野の林内に生える多年草で、葉が一年中枯れることなく残ることからこの名が付いたようです。
別名をオオイカリソウとも言い草丈が50センチ程度にもなる大きなイカリソウです。

越年した葉は硬くゆがんだ卵形で雪の中に埋もれるためかなりいたんだものが多いが花のころには新しい葉が出始める。


撮影:2011年05月05日 福井県今庄 

 
 
撮影:2011年05月05日 福井県今庄 

撮影:2012年04月28日 郡上市石徹白  

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る