リュウキンカ  (立金花)       
          
キンポウゲ科 リュウキンカ属      

  
 

花茎が直立し金色の花を付ける事からこの名が付いたようです。湿地やに生えることが多いが流水の中に生えることもあります。

花の大きさは2センチ程度ですが、北海道や東北にはエゾリュウキンカと言う種があり全体に大型となり花の大きさは4センチにもなるとのことです
撮影:2014年06月08日 天生湿原 

 
 
 

 

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る