リンネソウ  (リンネ草)       
          
スイカズラ科 リンネソウ属      

  
 

別名 : エゾアリドウシ、 メオトバナ

亜高山の針葉樹林下や高山の下などに生え、8センチ程度の高さとなる常緑の小低木。

地を這う茎に対生し、卵形〜長楕円形の葉を付ける。
花茎が立ち上がり、先で2つに分かれて、それぞれ釣鐘形の7ミリ程度の淡紅色の小さな花を1個ずつつけます。

リンネソウの名は植物分類学の父と呼ばれるスウェーデンの博物学者リンネが、こよなく愛した花とのことで付けられたようです。
撮影:2010年07月19日 長野県入笠山 

 
 
 

撮影 2014年06月29日 長野県高峰高原 

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る