ミヤマアクワガタ  (深山鍬形)       
          
ゴマノハグサ科 ルリトラノオ属      

  
 

別名 : シナノクワガタ

亜高山帯から高山帯の岩礫地に生える多年草で草丈は15センチ程度。

花は直径1センチ弱で深く切れ込みがあり一見離弁花に見えるが、根元では繋がっており合弁花。2本のオシベと雌しべが異様に突き出た独特の形をしている。

葉は長楕円形で縁は荒い鋸歯?(切れ込みか?)と迷うような切れ込みがある?

南アルプスに生育する物は赤みが強いくアカイシミヤマクワガタと呼ばれることもある。
撮影:2009年07月20日 八方尾根 

 
 
撮影:2009年07月20日 八方尾根 

撮影:2014年07月27日 南アルプス 

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る