ハッポウタカネセンブリ  (八方高嶺千振)       
          
リンドウ科 センブリ属      

  
 

高山帯の蛇紋岩地に生える1〜2年草で草丈は10〜40センチ程度になり八方尾根のみで見られる。

花は直径8ミリ程度で萼の直径は5ミリ程度となり萼のほうが花冠より小さい。

葉の脈ははっきりしないことも特徴の一つ。
撮影:2008年07月27日 八方尾根 

 
 
撮影:2009年07月20日 八方尾根 

撮影:2009年07月20日 八方尾根 

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る