ウラジロヨウラク  (裏白瓔珞)       
          
ツツジ科 ヨウラクツツジ属      

  
 

低山から亜高山帯のやや湿り気の多い場所に生え、高さ1〜1.5m程度の高さとなる。

花は釣鐘状の形をし紅紫色の花をたくさんぶら下げて咲くが、やや白っぽいものから赤味の強いものまである。

葉裏が白味を帯びることによりこの名がある。
花柄や萼に長い毛が密生し良く目立つ。


萼が長く目立つ物をガクウラジロヨウラクと言う。
撮影:2014年06月27日 野反湖 

 
 

撮影:2014年06月27日 野反湖 

撮影:2009年07月04日 長野県駒ヶ根市 
 

白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る