オウレン (黄蓮)         
          
キンポウゲ科 オウレン属      

  
 
別名: キクバオウレン

主に日本海側の林内や林縁などに成育する常緑の多年草で草丈は20センチ内外になる。

花は茎の上部に直径1センチ程度の花をつけるが、仲間のセリバオウレンとほとんど同じで花だけでの見分けは難しい。

葉は1回3出複葉で長い柄があり小葉は広卵形で3裂し不ぞろいの鋸歯がある
雪の下で越冬した葉は黒ずんでいることが多い。
撮影 2015年03月31日 中池見湿地
 
 
 1回3出複葉の葉

 
白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る