イワタカナオイ (岩田寒葵)         
          
ウマノスズクサ科 カンアオイ属      

  
 

静岡県から愛知県にかけての山地の樹林内に生える常緑の多年草で草丈は10センチ程度となる。

細毛がある三角状の萼裂片で、萼筒は円筒状で内側の網目が細かく縦に30、横に10個ほどの隆起線があり奥の方は透けて明るくなる。
雄しべは12個、雌しべは6個で柱頭はくちばし状

葉は円形状で基部は深い心形、先は広円形となり、葉茎は長く紫色を帯びる。
撮影:2016年12月24日 葦毛湿原 
縦に30、横に10ほどの隆起線があり奥の方は透けて明るい
 細毛がある三角状の萼裂片
雄しべは12個、雌しべは6個で柱頭はくちばし状
 
 
白色系の花 黄色系の花 赤色系の花 青色系の花 その他の花
 春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏   秋   春   夏  秋 
50音検索へ
科別検索へ
トップに戻る